フィードバックループの全般に関するご相談承ります 。

こまったIと声ならぬ声でさけんで、私は狼狽をおしかくしながら黙っていた、と、老婆は謎しきりに私を見上げ見下ろしていたが、曲がった指に気付いたらしく、9う 「可哀想に。でもあんたのような病気は身延山にお篭りして、一心に信心すると治るよ。四、五日前にも山に三年お篭りしたという人が、すっかり縞麗になってうれしそうに帰っていったよ。だからあんたもお山へ登って信心してごらん。そしたら治るよ。きっと治るとも。行ってみなさいな-、な-」繰返し繰返しこう言ってすすめる老婆の言葉は、まったく熱意そのものであった。その心情にほだされたといおうか、私は老婆の言葉を丸呑みにしたわけではないのだが、固い死への決意がぐらり揺らいだことは確かだ。俗にいう死神が離れたとは、こうした場合のことであろう。

を奏でるということは、小さな僕にとって実に大きなことだったのかもしれません。 1983年4月長野の山荘で、父のレッスンを受ける。 がくふ僕には楽譜が見えない浦川宜也先生に教えていただくようになったのは、ヴァイオリンを習い始めてから半年後の、小学校5年生の夏のことでした。先生が父から浦川先生に替わったのは、自然の流れであったと思います。父がヴァイオリンの基礎を教えてくれ、遠回りせずに近道をしてこれたのは本当に大きかったと思います。しかし、そのまま父に習っていますと、父だけの見方で育ってしまいます。父の枠(わく)の中というか、一つのフレームを通して見ただけですから、やはりもっと別の人、別の先生について技術的な勉強をしていくことが必要になってくるわけです。

-一ズを把握lカl・テレビ、った中国フイ|パ・自由化。レーザー・デ・ディスク・ビデオなどにさ一年当時一。一泊かていで怜 類の大きさへと、多様化がすすんでいる。八一年に生産額一兆円に達し、カテレビを抜か三三も注目されるようになった。夫婦関係のゆがみが、家庭内でもっとも弱い存在である子どもに影響を与えると考えられるからである。望月嵩4司かでなきち嘉手納基地企旧日本陸軍が沖縄方面の戦争のため一九四四年(昭和一九)九月に工事完成した「中飛行場」を、米軍が四五年四月占領、整備・拡張し現在にいたる。

そうでなくても感傷的になりがちな卒業式の席である。涙をためてじっと電文を聞いているもの、丸めた卒業証書を固く握りしめるようにしているもの、ふんなの心は自分らが教わった先生の大学への入学をほんとうによろこんでいるにちがいない。式が終ってから私は受持の生徒を教室に集めて別れの挨拶をした。私が辞めるということを初めて知った五十人の生徒は、一瞬ぼう然として聞いていたが、見る見るうちにみんなの顔がくしやくしやにくずれて、一せいにわつと泣き出した。私も一緒に泣いた。わずかに半年教えたに過 38二恋愛結婚ぎぬ児童たちが、お粗末な先生であったこの私をこれほどまでに慕ってくれるのかと思うと、何故やめようなどと考えたのだろうとさえ悔やまれた。この純真な子供らとの別離はまことに辛い